マネースキル 大学生のスキル

学生のクレジットカードの作り方|親の同意のもらい方や必要なもの・注意点を解説

2021-03-02

クレジットカードを作るのに必要なもの

クレジットカードを作るときに必要なものを教えてほしいな。

こんな疑問にお答えします。

 
  • 執筆者は、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP)の有資格者
  • 経済学修士で、二種外務員資格(日本証券業協会)の有資格者
 
  • クレジットカードの作り方の種類
  • クレカを作るときに必要なもの
  • クレカを作るときの注意点

クレジットカードの作り方は簡単ですが、作るときに必要なものや注意点をおさえないと、痛い目をみることもしばしば。

例えば、親の同意がなくてクレカを作れなかった、簡単な審査といわれていたのにダメだった、などの話ですね。

とくに、クレジットカードは一度に何枚も作れないので、一度のミスが意外と痛かったりします

ななさん

本記事では、クレカ作成時に必要なものや申し込み前の注意点を解説します。

親の同意のもらい方や注意点をおさえて、確実に作りましょう~。

りくくん

クレジットカードの作り方の種類とは?

クレジットカードの作り方には、次の3種類があります。

 
  • Web申し込み
  • 店頭申し込み
  • 郵送申し込み

作り方によって、発行スピードや手続きの進め方に違いがありますよ。

Web申し込み(オンライン申し込み)

現在、クレジットカードの作り方の主流になっているのがWeb申し込み(オンライン申し込み)です。

というのも、ネットにつながっていれば24時間いつでも・どこでも申し込みできるからですね。

「詳しくはWebで」をみた先に、Web申し込み限定のキャンペーンが用意されていることも多くあります。

また、他の申し込み方法に比べて、発行スピードが速いのも大きなメリットといえますよ。

ななさん

入力は、ナビゲートにしたがえばサクッとできます。

りくくん

ただ、必要なものや注意点をおさえていれば、の話です。。

店頭申し込み

スーパーなどのクレジットカード(流通系カード)だと、店頭申し込みができます。

店頭申し込みのメリットは、担当者と話しながら手続きを進めるので、失敗がないことでしょう。

エポスカードのように、申し込みはWebで行って、カードは店頭でうけとることもできますね。

今だと、発行スピードの速さは、スマホ決済とあわせたWeb申し込みが一番というケースが多いです。

ただ、それ以前の「即日発行」といえば、店頭申し込みが主流でしたよ。

郵送申し込み

もちろん、郵送申し込みという選択肢もあります。

郵送申し込みは、Web申し込みには抵抗がある、でも店頭もイヤ、という人に向いた方法といえます。

例えば、実家にいる人だと、親御さんと相談しながら項目をうめていくこともできるので、堅実な方法ですね。

その反面、郵送でのやり取りなので、Web申し込みや店頭申し込みよりも時間がかかるのが一般的。

また、項目を間違えていたときに一番手間がかかるのも、郵送申し込みの特徴といえます。

そのため、申し込みはWeb、カードの受けとりは郵送というのが、今日のクレジットカードの作り方となりますよ。

りくくん

そこで、クレカを作るときに必要なものや注意点を知っておきましょう~。

クレジットカードを作るときに必要なものとは?

クレジットカードを作るとき、必要なものはそれほど多くありません

ななさん

申し込み時、必要なものとしてアナウンスがあるのは以下です。

クレカを作るときに必要なもの

  • 本人確認書類(免許証など)
  • 銀行口座のわかるもの(通帳など)
  • 親(親権者)の同意

 

必要なものはけっして多くないものの、そろってなければ作れない、というものばかりです。

本人確認書類

クレジットカードの作成時には、本人確認書類は必須アイテム。

書類の条件は「氏名・住所・生年月日が記載されていて、かつ有効期限が切れていないこと」です。

具体的には、以下のような書類になりますよ。

 
  • 運転免許証・運転経歴証明書
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • マイナンバーカード
  • 旅券(パスポート)
  • 各種健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍謄本・抄本
  • 住民票の写し・住民票記載事項証明書
  • 官公庁発行書類等で氏名、住居、生年月日の記載があるもの

出典:日本クレジットカード協会「クレジットカードお申込みの際のご本人確認について」

このなかでも、よく使われているのは「運転免許証」になります。

Web(オンライン)申し込みの例でいえば、免許証の番号入力で、本人確認がサクッと終わるケースが多いですよ。

ななさん

本人確認の詳細は、以下の記事をご参照ください。

クレジットカードの受け取り方
【住所はどうする?】一人暮らしの学生がクレジットカードを受け取る方法

続きを見る

銀行口座のわかるもの

銀行口座のわかるものには、キャッシュカードではなく「通帳」を用意しましょう。

通帳だと、申し込み時の入力・記入項目に必要な情報がのっているからですね。

そして、クレジットカードを作るときには、自分の銀行口座をもっておく必要があります。

というのも、クレジットカードの利用代金は、所有する人の銀行口座からお支払いするのが鉄則。

そのため、もし自分用の銀行口座がないなら、まずは口座作りからはじめる必要がありますよ。

また、クレジットカードによっては、銀行口座を指定されるケースもあります。

もし銀行の指定があれば、新しい銀行口座を作るか、申し込むクレジットカードを変える、という対応になりますね。

親の同意

「親の同意(親権者同意)」は、本人確認書類や銀行口座と違って、親御さんのかかわる話です。

具体的には、18・19歳の方は、もしクレカの審査が通っても、親が拒否すればクレジットカードを作れません

この親の同意が手ごわい、という話はよく聞くので、できるだけ親の同意を得られるような手段を考えてみましょう。

親御さんに安心してもらう(同意を得る)ために必要なものには、以下があげられます。

 
  • 本人の金融リテラシー(マネースキル)
  • クレジットカードのセキュリティ・損害補償
  • 信用度の高いブランドのクレカ

本人の金融リテラシー(マネースキル)

まず、クレカを乱用せずにきちんとお金を管理できますよ、というアピールは大事です。

そのうえで、クレジットカードの基本的な知識をおさえておけば、親御さんとしても安心感がありますね。

クレジットカードの基本的な知識というと、難しそうに感じますが、全然そんなことはなく。

例えば「U25のためのクレジット検定」という、簡単なテストを押さえておけばOKです。

時代の流れとして、何事もクレカ・キャッシュレス決済になりつつあります。

そのため、クレジットカードを使うというマネースキルを身につけるのは、早ければ早い方がいいですよ。

クレジットカードのセキュリティ・損害補償

また、クレジットカードのセキュリティ面の知識をもつのも大事です。

つまり、カードを落としたり、万が一の不正利用があった場合、適切に対応できるかどうかですね。

基本的に、クレジットカードには「不正利用時の損害補償」がついています。

ただ、保障されるケース・されないケースがあるので、それを覚えておくと親御さんも安心するはず。

りくくん

具体的なケースは、先ほどの「クレジット検定」にもでています。

ななさん

以下の「ナンバーレスカード」だと、セキュリティ面の安心感は高いですよ。

ナンバーレスカード メリット・デメリット
2021年最新・ナンバーレスカードのメリットとデメリットは?【最短5分で発行】

続きを見る

信用度の高いブランドのクレカ

また、信用度の高いブランドのクレジットカードを提案するのも、親御さんに安心感を与えます。

例えば、顧客対応が丁寧でSNSなどで悪い噂がほとんどない、というブランドは信頼に足ります。

定番ブランドでいえば「三井住友カード」でしょうか。

逆に「友人にLINEで紹介されたカード(ポイント目当て)で入会」というのは、安心感を与える選択肢とはいいにくいです。

少なくとも、そのカードを選んだ理由が「ポイント・キャッシュバック」以外にあったほうがいいわけですね。

そこで、カードを選ぶ理由に、定番ブランドの信用度をもちだすのは有効な手段です。

先述の三井住友カードだと、学生向けに以下のカードを用意しています。

 
  • 三井住友カード ナンバーレス
    ・カード券面に番号がない「ナンバーレス」で安心
    ・セブン、ファミマ、ローソン、マクドナルド利用で最大5%の還元
  • デビュープラス
    ・満26歳になるとゴールドカードへの切替ができる
    ・最高100万円のショッピング保険が自動でついてくる
りくくん

両カードの詳細は、以下の2記事で紹介ですっ。

三井住友カードナンバーレス 作り方
永年無料&最大5%還元!三井住友カードナンバーレスのメリットと作り方を解説

続きを見る

三井住友カードデビュープラス
【大学生クレカの定番】三井住友カード「デビュープラス」を解説!

続きを見る

クレジットカードを作るときの注意点とは?

クレジットカードを作るときには、審査上(申し込み上)の注意点として知っておくべきことがいくつかあります。

これらの注意点を知らないと、審査に通らない、ブラック扱いされる、などの不利益があるので要チェックです。

ななさん

とくに、以下の注意点には気をつけましょう。

クレカを作るときの注意点

  • 一度に何枚も申し込まない
  • キャッシング機能はつけない
  • 住所・収入欄でウソをつかない
  • 親の同意を得られるようにする

 

一度に何枚も申し込まない

一度に何枚も申し込むと、クレジットカード会社から「多重申込者」とみなされ、警戒されます。

仕組みを説明すると、カード申し込み時には、法律上、申し込み情報が「信用情報機関(CIC)」と呼ばれる団体に提供されます。

CICの役割は、カード利用者の支払能力のチェックや、多重債務の防止などです。

このCICが危険な人とみなす基準は、支払いが遅れる・滞るといった状況のほか「一度に何枚も申し込む」ことがあります。

つまり、一度に何枚も申し込むことで、CICに支払い能力や多重債務の危険性があるとみなされるわけですね。

この情報が各クレジットカード会社に開示され、「多重申込者」としてマークされる、という流れになります。

対策は、シンプルに「1回で1~2枚だけ申し込み」、「申し込んだら半年は開ける」です

というのも、申し込み情報は半年間だけ保管される決まりだからですね。

くれぐれも、ポイントバックを目当てに何枚も申し込んで信用に傷をつけた、とならないように気をつけましょう。

キャッシング機能はつけない

ATM等で一時的にお金を借りる「キャッシング機能」も、申し込み時にはつけない方が安心です。

というのも、カード会社がキャッシングでお金を貸す前提は、利用者に安定した収入があることだからですね。

また、キャッシング機能は、カードの審査に通ったあとでもつけられます

そのため、最初の審査時に申し込む必要はあまりないですよ。

住所・収入欄でウソをつかない

どんな申し込み方法にせよ、記入欄にウソをつくのはダメです。

まず、収入欄でウソを書いても、クレジットカード会社はきちんと調べるのでばれます。

住所も、住民票に記載された住所でなければ、クレジットカードを受けとれないので要注意です。

ななさん

住所確認の詳細は、以下の記事をご参照ください。

クレジットカードの受け取り方
【住所はどうする?】一人暮らしの学生がクレジットカードを受け取る方法

続きを見る

親の同意を得られるようにする

繰り返しですが、未成年の方は親の同意(親権者同意)が必要です。

つまり、18・19歳の方は、クレジットカードの審査に通っても、親が拒否したら発行されないわけですね。

親の同意のもらい方は、上にある「クレジットカードを作るときに必要なものとは?」の項目をご参照ください。

親御さんが気にする点に、クレカの知識の有無(使いすぎないか)やセキュリティ、ブランドなどがあります。

一言でいえば「日常で使うぶんに問題が起きないか」が気にされているわけですね。

それには、クレカを持っても問題は起きない、ということをアピールするのが一番。

例えば、先ほど紹介した「三井住友カードナンバーレス」は、カード券面に番号の記載がないので、安全性が高いです。

アプリ上で「使いすぎ防止サービス」を設定できますし、定番の三井住友なので、ブランド面でも申し分ないですよ。

ななさん

堅実なナンバーレスカードの詳細は、以下でご紹介ですっ。

三井住友カードナンバーレス 作り方
永年無料&最大5%還元!三井住友カードナンバーレスのメリットと作り方を解説

続きを見る

\発行スピード最短5分!/

まとめ:クレカ作成前は、必要なものや注意点をおさえよう

ここまで、クレジットカードの作成時に必要なものや、申し込み前の注意点をお話ししてきました。

まとめると、

 
  • 現在、特典がついて発行も早い「Web申し込み」が主流
  • Web申し込み時は、必要なものと注意点を覚えておく
  • 未成年だと、親の同意が不可欠なので要注意

 

となります。

クレジットカードの申し込みに必要なものや注意点で、それほど難しいことは求められていません。

ただ、必要なものや注意点を知らなくて、審査に落ちる・カードを入手できない・信用機関にマークされる大学生の方は意外と多いので、くれぐれも気をつけましょう。

ななさん

最後に、今日のクレカの大事さは、以下の記事でご紹介ですっ。

 

大学生のクレジットカード記事まとめ

 

 

-マネースキル, 大学生のスキル
-, , , , ,